Blog&column
ブログ・コラム

革製品の汚れの原因と落とし方について

query_builder 2024/06/01
コラム
57

革製品は使っているうちにさまざまな汚れが付着します。
汚れた革製品は見た目が悪いので、どうにかきれいにしたいですよね。
そこで今回は、革製品の汚れの原因と落とし方について解説します。

▼革製品が汚れる原因
■手垢
財布バッグなどの革製品は手で触る機会が多く、手垢が蓄積することで黒ずみが発生します。

■水分
革製品には油分が含まれており、水に濡れることで落ちてしまいます。
雨や水などが革製品に付着すると部分的に油分が落ち、シミになる可能性があります。

■乾燥
革は油分によって汚れを弾いているので、乾燥すると汚れが吸収されやすくなります。
そのため、乾燥していると感じたら油分を補給する必要があります。

▼革製品の汚れを落とす方法
■革用クリーナーを使う
手垢が原因の汚れは、革用クリーナーを使って落とすのが効果的です。
クリーナーを使う前に、必ず布などで革に付いたホコリを落としましょう。
また、仕上げにクリームを塗ることで革に潤いが生まれます。

■革用消しゴムを使う
革製品にボールペンなどのインクが付いたときは、革用消しゴムを使うのがおすすめです。
汚れた部分を革用消しゴムで軽くこすり、最後にクリームを塗ったら完了です。
ただし、付着してから時間が経った汚れは落とせないこともあるので注意しましょう。

■布で拭き取る
革製品に水分が付着してシミができた場合は、布を使って落としましょう。
軽いシミであれば、布で優しく拭き取ることで目立たなくすることができます。
仕上げのクリームも忘れないようにしましょう。

▼まとめ
革製品の汚れの原因は、手垢・水分・乾燥にあります。
汚れの種類によって革用クリーナーや革用消しゴムなどのアイテムを使い分けることで、軽い汚れであれば落とすことができます。

NEW

  • たつの市の革製品ERA INNOVATION

    query_builder 2022/06/16
  • 革製品の汚れの原因と落とし方について

    query_builder 2024/06/01
  • プレゼントに喜ばれるレディース革製品とは?

    query_builder 2024/05/02
  • 革製品を購入する際に便利な「カットサンプル」とは?

    query_builder 2024/04/01
  • 革製品をオーダーメイドするときの流れ

    query_builder 2024/03/03

CATEGORY

ARCHIVE